不動産会社を選ぶときに知っておくと助かる情報

専門的な業者

四季工房で家を建設するのに使用される木材は、 集成材や輸入材は一切使われていなくて、 日本の気候風土で育った杉を中心としたヒノキ、カラマツなどの無垢材が 使用されています。 柱・梁などの構造材はいうまでもなく、 床材や内部建具や目に見ない下地材まですべてに厚みある無垢材が 使用されています。家の木材に無垢材を使用することにより、 家の中の湿気を調整してくれるので、 冬は暖かく、夏は涼しく過ごすことができるのです。 四季工房の家はこのように使用する無垢材を伐採するじきも冬季に限定して、 切り出した後も葉がらし乾燥、天然乾燥とじっくりとねかせ 最良の木材に仕上げています。 四季工房の国産材を大量に使用した家が、なぜ坪単価50万円からの 相場並みの手頃な値段で提供できるかの秘訣は、 四季工房では板材、造作材は自社の工場で乾燥から加工、 オイル塗料まで仕上げているところにあるようです。 この坪単価の動向はしばらくは変化がないようです。

四季工房の家は、夏には床下換気口より冷風を取り入れ、 熱気と湿気を放出し涼しさを家全体に広めてくれます。 また冬には、通気層と内部空洞を設けることで、太陽が通気層の空気を暖めて、 内部空洞の空気が巡回して湿気を抑えて家全体に暖かさを広めてくれます。 このように四季工房の家は一般の家と比べて、 冬の日中の太陽熱を屋根から内部空洞に蓄え、夜間に放熱するので、 暖房の使用を抑えることができ、 夏は小屋裏の通気層に入り込んだ熱を、小屋裏の一番高いところにある 小屋換気口より排出するのでエアコンの使用を最小限にすることができ、 一年をとうして非常に経済性にすぐれた家となっています。 使用される木材の平均価格は、ヒノキ(120mmx120mm3m)が 5443円/本、 杉(120mmx120mm3m)が3508円/本となっており、 この平均価格でしばらくは推移するであろうとみられています。

   

四季工房を利用するには

四季工房は人気の住宅メーカーなのですが、実際に自分の目で住宅を確認しなければいけません。そのため、利用する前にかならず展示会に参加して住宅の特徴を確認しなければいけません。

  続きを読む

展示場を見る

四季工房の取り組みは展示場やショールームで確認することができます。現在各地にオープンさせており、実際に一度四季工房で一戸建てを建てた人が案内人として案内してくれることもあります。

  続きを読む

知っておくと良いこと

注文住宅で一軒家を建てるとなれば、様々なことを知っておかないといけません。それは、建築基準法や都市計画法などといったことや一軒家を建てることについてなどといったことを知っておきましょう。

  続きを読む

伝統を学ぼう

専門的な知識があるからこそ、神社仏閣などを宮大工で修理することが出来るのでしょう。宮大工は伝統的な大工を学ぶ必要があり、専門的に勉強をしなければいけません。様々な技法を学びましょう。

  続きを読む

身体に優しい

四季工房は、環境に優しい家づくりをしている、注文住宅を扱う会社です。木材を使用した、ぬくもりのある住宅スタイルが特徴です。また、エアパス工法という、夏は涼しく冬は暖かい、空気の循環を良くする工法が特徴的です。

  続きを読む